初心者のための富士山登山ガイド

富士山を登頂してみたい、と誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?でもいきなり何の知識も持たずに登頂を目指すのはとても危険です。

簡単な基礎知識だけでも頭に入れておく必要があります。富士山は静岡県と山梨県の間に位置しています。標高約3776mの日本最高峰の独立峰です。2013年には世界文化遺産にも登録されました。富士山には登山が可能な期間が設けられており、その期間以外は登ることができません。2018年の山開きはルートによって違いますが早いもので7月1日から、基本的には7月10日からになっています。閉山はいずれも9月10日です。登山するにあたって、富士山では4つのルートが設けられています。

ルートによって登りと下りの道やかかる時間が違っていますので、事前にどの順路が一番ベストか調べておきましょう。なお平成28年度の一番人気のルートは吉田ルートで151969人がそちらの順路を利用していたようです。このルートは登りの順路で山小屋が多いのが特長です。富士宮ルートもやや岩場が多いですが最も標高の高い位置から出発するため山頂までの距離が短く人気のようです。登山が出来る期間は夏ですが、富士山は真夏でも0度以下になることがあります。

また、天候が変わりやすく雨が降る確率がとても高いのでしっかりとした防寒対策と専用の雨具の準備が必須です。靴は底の硬い登山靴かトレッキングシューズが望ましいでしょう。ハイカットタイプのものだと砂利が入らなくて便利です。近年、登山客による捨てられたゴミが問題に成っています。ゴミ袋も忘れずに持って行きましょう。初心者は1日で登頂を目指すと高山病になりやすくなるので途中、山小屋で一泊するのが望ましいです。事前の準備と計画をしっかり立てて気持ちのいい登頂を目指して下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *