バスツアーのメリットとデメリット

バスツアーとは一般的に旅行会社が旅行の企画を行い、インターネットやSNS、パンフレットなどにそれらの商品を掲載して募集を行います。

それぞれのツアーには最低催行人数が設定されており、参加者数がそ人数に達しない場合はツアーが実施されません。
参加者数を満たした場合は催行決定され、ツアー当日は旅行会社から依頼を受けたバス会社が担当し、観光バスを使用して団体で旅行する形態のものです。

バスツアーのメリットはなんといっても旅行代金の安さが挙げられます。
大型観光バス1台には約45人が乗車可能であり、移動にかかる交通費が少なく済み食事や入園などの料金も大量の仕入れや団体割引が適用されることで低く抑えることができます。
さらには車内ではバスガイド付であれば案内を聞きながら座っているだけで目的地まで行く事ができます。
従って個人で交通手段や施設利用料などを手配するよりも費用が安価となり、ツアー内容によっては半額以下になるケースもあります。

バスツアーのデメリットは常に団体行動になるので、各見学箇所での集合時間の厳守やバス車内では周囲へ気を使いながら過ごすことです。
もっと見学をしたいと思っても時間の制約があったり、車内で仲間同士でワイワイ騒ぎたかったり、アルコールや匂いの強い飲食物を飲み食いする場合は他の参加者の迷惑行為となることもあります。
このような一定の制限やマナーを守った中で旅行を楽しむ形となります。

また最近はシニアを中心にバスの座席数を通常の半分程度にし、飛行機のファーストクラスのような広くゆったりとした仕様の座席を導入し、化粧室も装備したバスを使った高価なバスツアーも人気があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *